遺言書による相続からトラブル

NO IMAGE

遺言書というのは、法的に効力があるものは法定相続よりも優先されるのは知っています。

けれど納得のいかない遺言書も中にはたくさんあると思います。

例えば、墓じまい(改葬)した我が家の祖母の遺言書。

確かに頭がしっかりしてる時に法的効力のある遺言者を残したのは間違いないのでしょう。

しかし、あまりにも祖母の長男にだけ有利な遺言内容でした。

そんな遺言書は長男である叔父がそそのかして自分たち家族にだけ有利になるように書かせたようにしか思えないのです。

もちろん、遺言書の内容に関係なく請求できる遺留分というのは知ってます。

でもそれを祖母の遺産全てを相続した叔父に請求するなんて気にはなれませんでした。

なんというかもう、人間の卑しい部分が思い切り見えて全てが嫌になったのです。

お金がなくて生活できないわけでもなく、むしろお金持ちの叔父はそれでも自分たち家族だけ遺産を独り占めする為に都合良く遺言書を書かせた狡猾さ。

それに対してせめて遺留分だけでも寄越せと訴えるほど困ってもいない我が家の父。

遺留分も考慮しない遺言書というのは、結局はこうして嫌な思いの残る相続となるのだと実感したのでした。