不動産を生前贈与しておきたい

NO IMAGE

不動産を生前贈与する事で得られるメリットの一つは、確実にあげたい相手に不動産を引き継がせる事ができるという事です。
また不動産が遺産として残らないので相続人の間で遺産分割協議を行う必要がなくなり相続トラブルのリスクを減らせます。

不動産の相続は預貯金などと違い分けにくいため相続トラブルに発展しやすいのです。
とはいえ、不動産を生前贈与する場合には贈与税が課せられます。
それ以外にも不動産取得税、登録免許税も課せられます。

さらにいえば名義変更と税金の申告の手続きも煩雑であり専門家に頼む必要がある場合が多くなります。
用意する書類なども多く素人が行うには難しいためです。
専門家に頼むには手数料がかかるのでまた費用がかさみます。

これだけの費用と手間がかかってしまうというのを覚悟した上で不動産の生前贈与はしなくてはならないのです。
もちろん不動産の生前贈与が減税になる制度もありますので場合によっては費用をかけても最終的には税金の支払いを安くできることもあります。
それも専門家と相談の上、確実に制度を利用する要件を満たせるようにして活用するのが良いですね。