相続人が複数いるのなら遺言書は大切

NO IMAGE

遺言書というとお金持ちが用意するものという印象がありますが、実際には相続は遺産の額が中程度の人のほうがもめることが多いものです。特に「我が家はみんな仲がいいからもめるわけがない」と思っているような家庭ほど、死後にもめる可能性が高くなります。相続でもめるということは、今後の親戚付き合いに困るということですので、相続人が複数いるのなら遺言書を作成したほうが安心できます。

自分の死後に残された子供たちが兄弟間でもめるだけではなく、相続とは関係のないその配偶者が口を出すことはよくあります。生前、誰がどのような金銭的恩恵を受けた、進学や結婚費用、住宅購入費など大きくお金が動いたことはあとから他の相続人に指摘されることがあります。ですから生前にそのお金の流れをはっきりさせて、場合によっては生前贈与でその不平等感を解消しておくことも大切です。自分の大切な人たちが、自分の遺すものが原因でケンカになるなんてことは一番避けたいです。そのためには元気で自分の頭で考えられるうちに、遺言書を作っておくと死後のトラブルを避けることができます。