不動産会社を作って相続対策とする

相続税対策の土地活用の一つとして不動産会社を作って資産が増えても節税をするというようなことができたりします。節税対策のためにそもそも所有地に賃貸マンションなどを立てるというのには大きな労力とリスクがあったりするわけでうまく決断して着工完成というのに至るまで1年から2年ぐらいはかかるでしょう。そしてうまくいったとしても今後は所得税がかかるようになっていくことになりますからその辺りの対策もしなければならないということになります。その方法の一つとして不動産を所有する法人というものを作りその会社に家賃の一部を支払うというような形にすると現金が増えるのを抑制することができます。うまくマンションから家賃収入が入ってきたとしてもそこにダイレクトに税金がかかるということになりますので、それを多少なりとも減らすために不動産会社を設立してそこへの支払いというのを増やして利益となる現金を減らすという方法があります。

カテゴリー: 投稿 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です