アパート経営の不動産相続は、早い方がいい

大阪での家族葬を終え、不動産相続において長男の私がうまくできたことがいくつかあります。両親が持っていた不動産は、アパートでしたので、売却か経営などの方法を学ぶのかについて検討していました。売却よりも、アパート経営の存続の方が、様々な面でメリットが大きいので、アパート経営の存続を選択しました。
まず、月々の収入があります。これが大きいばかりか、経営について、生き残っている母親から話を少し聞くこともできれば、仲介の不動産屋さんにも、顔つなぎまでできます。しかし、不動産への税金が増えることになりますが、ここは、母親に甘えて、母親に少し支払ってもらっていました。不動産登記などもうまく母親にも援助してもらっています。母が父親から、アパートを相続すれば、遺産相続の枠に月々の収入が入るわけですのでこれは、私の方法がかなりの節税を実現していると思います。このような考え方ひとつがないことで、がっさりと税金に持って行かれてしまうので、大変です。しっかりと計画的に相続を考えておくべきです。